事故が起きた時の対処法

MENU

事故が起きた時の対処法

交通事故を起こしてしまった、特に人をはねてしまったというときにはそのまま立ち去ってはいけません。ひき逃げの容疑で、逮捕ということになってしまいます。あっ、やっちゃったと思った場合は停止の意思表示を他のドライバーにして路肩によってください。自分が動けない状態の場合はできないのですが、軽症の場合、動かないでいますと玉突き事故の要因となってしまいます。

 

安全な場所についたら、相手方に負傷者がいないか確認します。いた場合あなたには救護の義務があります。警察、自動車保険会社、救急車の手配をします。もし負傷者が何かに挟まっていた時は無理に引き抜くのは駄目です。長時間その状態だった場合、クラッシュシンドロームと言って体内の毒素で死に至ることがあります。事故を起こした本人は気が動転していますので他の運転者がいた場合救援要請をしましょう。AEDを持ってきてもらう、人工呼吸など処置をするということも場合によってはしてもらえます。もし周囲に人がいない場合、自動車保険会社の担当者が指示を出してくれますので落ち着いて従ってください。

 

事故のあとは事情聴取や、現場検証があるので、少し時間がかかります。保険会社のサービスには宿泊施設の手配、代車手配等のものもあるので問い合わせましょう。自分が怪我をした場合、病院に行くことも必要です。あとで搭乗者用の保険がおりますので、領収書は取っておきましょう。病院は多くの場合後払いでも大丈夫です。