強制保険と任意保険について

MENU

強制保険と任意保険

自動車に乗る方は少なからず保険に入っています。自賠責保険というものです。自賠責損害賠償保障法という法律と道路交通法において加入が強制されています。加入していないのに走ったことがわかった場合、告発されペナルティが来ます。これが強制保険です。何故こうした保険が必要なのかと言いますと、被害に遭った人の人権を、最低限守る為なんです。

 

もし運転者に全く賠償の能力がなかった場合、被害者は何の補償もなく、人生がおかしくなってしまいます。そこのカバー用のものなんです。この自賠責保険、通称強制保険は交通事故の被害者のためのものですので運転者の怪我や車両の補償はないのです。また、本当に最低限の額しか被害者に出せないので、賠償請求を民事で起こされますと、非常に大変です。

 

そのため、多くの方が民間の保険会社の保険に加入します。これが任意保険です。よく「あまり運転しない」という方で加入しない方もいますが、車両がいきなり動く、盗難にあうということは結構ありますのでそういうときの危険も考えておかないと、トラブルに対処できなくなってしまいます。運転した日に限って事故があったというようなことでは洒落にならないですし。運転慣れしていない方は車庫入れ失敗等の物損を起こしやすいんです。ほんの小さな傷ならいいですが、たまにフロント潰してしまう方もいます。自信がない方程必要なのが自動車保険というものなのです。各社資料で確認したいものですね。