あいおいニッセイ同和損保

MENU

あいおいニッセイ同和損保の評判

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保は、大東京火災や千代田火災などの合併を経て現在のメガ損保となりました。

 

そのため、合併前のトヨタグループ、日本生命グループとの提携関係は継続しており、全国のトヨタディーラーの代理店となっています。

 

そのため、トヨタ車のユーザーの場合、事故や修理の時の対応がスムーズであると言われています。しかし、あいおいニッセイ同和損保は、合併前の大東京火災から評判があまり芳しくなく、現在でもクレームが多い会社です。

 

たとえば、あいおいニッセイ同和損保はなるべく保険料を払わずに済ませようと、被害者に対して一方的な態度を取ります。そのため、自賠責保険を適用しようとせず、第三者障害の対応にしようとして、被害者側の過失を一方的に追求する、休業補償を切るために医師の診療結果を無視する、水かけ論になると顧問弁護士にすべての対応を丸投げするなど、担当者の質の悪さが目立ちますが、一部の担当者に問題があるというより、会社全体がそのような人たちの集まりであると言われています。そのため、代理店からも信用されておらず、保険業界の中では非常に警戒されています。